2019年の手帳(2)バレットジャーナルとジークエンスvsほぼ日手帳weeks MEGA

来年の手帳の条件
  • ショルダーバッグに入れて持ち運びできるサイズ
  • ウィークリーもしくはマンスリー+メモ
  • 重くない
  • パタンと開く
  • 方眼
ほぼ日手帳のWeeks MEGAに的を絞り、開きやすそうなスニーカーの再販売時期を狙っていた。

でもさー、ジークエンスでよくない…?

Dynalistを調べていたら、Dynalistでバレットジャーナルという記事があって。
それでDynalistを使い始めてみたわけだけど、使い易いのなんのって。。
それは置いておいて。

バレットジャーナルについて調べていたら、ジークエンスというノートが出てきて、「あ、昔きいたことあるな、懐かしい」と思ってちらちら見ていたら、、、B6というサイズがある。

ほぼ日手帳 Weeks MEGA
  • 横88mm×縦182mm×厚さ12mm
  • マンスリー
  • ウィークリー
  • メモたくさん
  • トモリエバー
  • パタンと開かない ※公式記載(これまずい)
ジークエンス B6 スリム
  • B6変形 横125×縦178×厚さ11mm
  • パタンと開く
  • 折り曲げても平気、丸めても平気、頑丈
  • ただの方眼ノート100p

Weeks MEGAが販売再開となったから、公式サイトよく読んでいたら、

「※weeksは設計上、180度に開いた状態をキープするには手で軽くおさえる必要があります。」https://www.1101.com/store/techo/ja/2019/all_about/weeks/about01.html

え?ってーつまり、ぱたんって開かないってことだよね?
幅狭いから、そりゃそうか。。。
それは、、やだな、、
あの、ノートの内側の糊部分に近いところ、若干盛り上がったりしている部分が書きづらいのが本当に嫌なんだ。
つまりページ数が多いMEGAはそれが顕著ってことで。。。
もう自作の手帳はやる気下がるから(字が下手でセンスもなくて)やめようと思っていたけど、ジークエンスに傾いている。