2014年の手帳(2)

EDITのB7版を使い始めて5日くらい経った。
小さすぎて書きにくい!

綺麗に書くつもりはさらさらないけど、やはりというか覚悟はしていたけど書きにくくてどうしたものかと悩み始めた。
このタイプを好んで使う人は一定数いると思うし(モレスキンがこのくらいのサイズ)表紙がちょっと固めなので、机などに置かなくても場所を選ばず書ける利点はある。なにより小さいので邪魔にならないし持ち歩きが便利。

メリットもデメリットも理解したうえでの購入だったが、覚悟が甘かったようだ。

でー、禁断の2冊使いに手を出そうかと検討中。2014年に突入したので1月はじまり手帳は軒並み価格下落しているようだし。例外はあるだろうけど。(売れなかった手帳在庫はどうするんだろう)
タワレコ手帳がちょっと気になっている。
でも手持ちのノートもあるし…。

日本語ウェブフォントを使ってみたので使い方とかをまとめる

MSゴシックは終わりを告げ、メイリオの新しい時代が到来して幾年月。ユーザーがフォントに対して求めるレベルが上がっている(いやそれは昔から)。

サイトを作っていてフォント指定するシステムはあるが、閲覧側のパソコン内にそのフォントが入っていなければ意味無し。
一般ユーザーはフォントなんか気にせず読めればいいよと思っていると思う。でもかわいいフォント使ってみたいよね。メイリオ飽きたよね。

何年か前からちょいちょいウェブフォントが目につくようになってきたけど、漢字が含まれる日本語のフォントは2バイトフォントと言われ容量が大きいため、日本人には遠い存在だなぁと思っていました。が、光ケーブルが主流になり、スマフォではLTEとかいうのが実装されて、大分通信は安定してきたように思う。
また無料で公開される漢字が含まれたフォントが多くなってきたのもすごい。漢字を作るのってすごく時間がかかりそう。JIS第一だけでも3000文字もあるというのに。
それとこういったものもあるんだなぁ。すごい。KAGE System
すごいしか言えない。
それを無料でつかっていいというのならば、もう神としかいいようがない…!

じゃあちょっとやってみようかな、てことで。

無料の日本語フォントでウェブフォントとして利用できるもの

日本語漢字が含まれる無料で利用できるフォントを探す。ライセンスはしっかりと読み理解して利用する。

M+ OUTLINE FONTSとそのライセンス(M+ OUTLINE FONTS

IPAexフォント/IPAフォントとそのライセンス(よくある質問とその答え(FAQ)

IPAフォントライセンス、M+ライセンス

花園フォントライセンス(独自ライセンス)およびSIL OFLライセンス

独自ライセンス

フォントライセンスに注意

M+のライセンスを読むと「どうにでもして!」というように読み取れるが、IPAフォントのライセンスだと再配布に条件がいくつかある。ウェブフォントとして使用する場合は再配布に該当するとのことで注意が必要。

IPAフォント(or IPAフォントの派生フォント)はWebフォントとして使用できるか? | Takahiro_Chouの日記 | スラッシュドット・ジャパン
Web フォントとライセンス

使用するフォントファイルをサーバーにアップロードする

サイトを閲覧に来る人がそのページを見るだけでフォントを一時的にダウンロードすることになるので、貧弱なサーバーはやめといたほうがよさ気。
サーバー仕様の転送量の項目をチェックしといたほうが良いです。
また出来るならばwoff(Web Open Font Format)に変換したほうが良いです。データがめっちゃきゅっとなります。WOFFコンバータ
各ブラウザはwoffに対応してきているようだが…必ずも最新版を使っているとは限らないのでwoffとttf(otfとか)も一緒にあげておく。

ウェブフォントとして指定する

やり方はこちらあたりを参照。Webフォントを指定するには? – @font-faceの解説 – CSS3リファレンス
cssファイルの最初に「こういう名前のフォントを使いたい。データの場所はここにあるから」といった文を入れて、はじめて使えるようになる。
font-familyの名前はなんでも良い。srcは絶対パスのほうがいいのかな。
つまり複数のウェブフォントを使う場合は、その数だけ@font-faceで宣言しなければならない。
また、ウェブフォントに対応していないブラウザにも配慮することが必要。意外と多い!? Web フォントに対応していない環境 ~2012 年の Web フォント事情 – てっく煮ブログ

とりあえずこんなもんでしょうか。サーバーにもよりますが、今は馬鹿でかい写真をつかったサイトを展開してるところもありますし、5MB程度のフォントなら問題ないんじゃないでしょかね。

ぼんじりの下処理

以前の記事は不親切もいいとこだったので詳しい写真載せときます。

これがぼんじりだ

(油壺の部分をぐーっとおすと、あのぴょっと出てる突起物の先端からにゅるっと出てくる。)
オレンジの点線にそって(ちょうど境目のところ)刃先を入れる。
キッチンバサミでやると楽。キッチンバサミでやるときは突起物のあたりから下に向かってハサミをいれる。

油壺だ!

切るとこんな感じ。
本体側に残ってしまったのは水で洗い落とすとすぐ取れる。

油壺を取らなくても、炒めるときにエスビーの五香粉使うと臭みは感じられなくなる。いれすぎるとぼんじり独特の香りまでなくなってしまうので注意。

一度骨も油壷も残した状態のものを食べてみたけど、骨だけは絶対に取ったほうがいい。好んで食べる人もいるらしいが。

今度機会があれば油壺とか骨で出汁とってスープにしてみよう。

  

以前の記事↓

が、面倒だった。
下処理している間はずっと、「二度とこんな面倒なブツ買うものか!」と思っていた。

ぼんじり下処理

まずぼんじりとは鶏の尾にあたる部分で、脂がのってぷりぷりしている。ほとんど脂といっていいんじゃないかな。

売っているものは、中心に骨と、油壺と呼ばれる脂を分泌する器官がある。骨を食べるのは難易度が高いが、癖のある油壷は好みによりけり。

オレンジで丸したところが油壷。
今回は骨と油壷を取り除くことにした。そうしたら食べる部分と食べない部分が半々という結果になった(゚A゚;)
よく調べると

・骨部分は出汁にすればよい
・油壺は鶏油にすればよい

とあって、余すことなく使えますよ!よかったよかった!なのだが、骨はいいとして鶏油は取ったとしても用途が思い浮かばないので(隠し味に使えるらしいが、わざわざ鶏油を隠し味に使うぐらいなら中華だしとか鶏ガラスープの素を買ってきて入れたほうが早いし面倒ないしなぁ)油壺は捨てることにした。

ぼんじりの柚子コショウ炒め by こはるさん [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが160万品

を参考に、適当に炒める。

ぼんじりを炒める

できあがりー。

酒はないのでかわりに米がたくさん進んだ。米も発酵させれば酒になるしね!同じ同じ。

脂っこいので、もう少しネギを入れればよかったかなと思った。ネギとの相性は抜群だ。
ぷりっぷりしていて、鶏皮とは違った旨味。正直はじめて食べたせいもあって、感動もひとしお、またぼんじり買ってこようと思った。